ペットの犬のためのフロアコーティング

Leave a comment

見た目ではわかりませんが、犬は足腰が弱い動物と言われています。最近はペットを家の中で飼うことが多くなり、ペットの犬たちは家の外の地面ではなく、それよりも滑りやすいフローリングの床の上を歩く機会が増えてきましたフローリングでも、犬の爪が当たった時にカシャカシャ音がなるような床は要注意です。この状態は、実は犬の関節に大変負担がかかっている状態だからです。長年こういう状態が続くと、重大な関節系の病気に罹ってしまうこともあります。それを防ぐ為にはカーペットを敷く方法があります。しかし、せっかくのフローリングなので出来れば敷きたくないという場合もあります。そういう時には、フロアコーティングを施すと良いです。ペット専用のフロアコーティングならば、グリップ性がちょうど良く、滑りにくい加工が施せるうえ、汚れもつきにくくなります。


ペット用のフロアコーティングを選ぶときのポイント

フロアコーティングと一口に言っても、欲しい機能によって選ぶ基準は変わってきます。フロアコーティングの中でも最近特に需要が多いのが、ペットのためのコーティングです。人間用のコーティングと違うのは、グリップ性と保護性能を重視している所です。グリップ性というのは、簡単に言えばフローリングの滑りにくさのことです。ただ、これが強過ぎるとかえってペットが歩きづらい床になってしまうので、適度なグリップ性の素材を選びましょう。保護性能は、ペットの爪による引っ搔き傷から床を守る性能です。ペットでも特に猫は爪が鋭く、床で平気で爪研ぎをしてしまうこともあるので、傷がつきにくい加工を施しておくことは有益です。また、フロアコーティングを施した床は、一拭きするだけで汚れがとれる床になります。粗相の多い子を飼っている飼い主さんには重宝しそうです。


ペットの安全対策にフロアコーティング

犬、猫といったペット動物を飼っている家庭では、床の傷、汚れといった悩みがよく聞かれます。ペットを家の中で飼っている以上は仕方ないとも言えるのですが、少しでも被害を抑えたい、出来れば問題なく過ごせるようにしたい、と願うのが普通ですね。また、衛生面によるペットの健康・安全といった問題もあり、一概に無視出来ないことでもあります。例えば、ノミ・ダニなどがつきやすいフローリングでは、ペットがアレルギーを起こしてしまうかもしれませんし、滑りやすい床ならば、ジャンプしたときに脚が滑って骨折してしまうなんていうトラブルの可能性も考えられます。そうした悩みに応えてくれるのが、ペットのためのフロアコーティングです。床を滑りにくく出来たり、傷や汚れから床を守ってくれたり、防菌・抗菌作用がある素材を選べたり、とペットにとって暮らしやすい環境を作り出すことが出来ます。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*